Skip to content(本文へジャンプ)

バイオマス活用事業の調査、計画、実行支援

  1. HOME
  2. エコクリエイティブのしごと
  3. バイオマス活用事業の調査、計画、実行支援

バイオマス活用事業の調査、計画、実行支援

バイオマス資源利活用のための構想、計画づくりならびに調査業務を行っています。例えば、バイオマス産業都市構想書の策定をはじめ、地域バイオマス賦存量調査、森林資源有効利用促進のためのプランニング、地域事情に則したバイオマス変換技術の選定、関連産業活性化プランの策定、地域コミュニティ(市民、団体等)との連携強化などのサポートを行っています。

【自治体向け】

バイオマス産業都市構想の策定

関係7府省(内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省)の連携により進められているバイオマス産業都市構想書の策定をお手伝いします。

バイオマス産業都市とは

我が国においては、農村部・都市部の各地域において、木質、食品廃棄物、下水汚泥、家畜排せつ物などの豊富なバイオマスを有しており、地域のバイオマスを活用した産業創出と地域循環型の再生可能エネルギーの強化を図り、地域の雇用創出や活性化につなげていくことが重要な課題となっています。

こうした状況を踏まえ、平成24年9月に関係7府省が共同で取りまとめたバイオマス事業化戦略において、原料生産から収集・運搬、製造・利用までの経済性が確保された一貫システムを構築し、バイオマス産業を軸とした環境にやさしく災害に強いまち・むらづくりを目指すバイオマス産業都市の構築を推進し、平成30年までに全国で約100地区のバイオマス産業都市の構築を目指しています。(農林水産省資料より抜粋)

ページの先頭に戻る

【企業、NPO他団体向け】

バイオマス資源有効活用のための調査

バイオマス資源の有効利活用のための各種調査業務を行っています。例えば、地域にどのようなバイオマス資源が存在しているか、どの程度の量が賦存し、有効利用が可能な量がどれくらいあるか、また、事業推進に欠かせない行政、金融機関などはその事業に対しどのような支援をしてもらえるのか、利用可能な補助金はないかなど、ヒアリング活動を含む具体的な調査を行い、バイオマス資源有効活用に向けた計画づくりの足掛かりとします。

バイオマス資源有効活用のための実施計画づくり

地域バイオマスの賦存量調査結果に基づき、地域特性を踏まえたバイオマス変換技術の選定、バイオマス資源有効利用のためのコーディネート、事業推進体制の構築、地域コミュニティ(市民、団体等)との連携強化策の策定などを行います。

計画に基づく実行支援

バイオマス資源有効活用実施計画書に基づき、具体的に事業を進めていく際の各種支援を行います。例えば、定期ミーティングの開催、ミーティングの進行、レジュメおよび議事録の作成をともなうプロジェクト進行管理や、ホームページなどの効果的な販売促進ツールの作成支援、行政や金融機関との連携支援を行います。

ページの先頭に戻る

エコクリエイティブについて

バイオマス×クリエイティブで持続可能な社会づくりを目指します。

Twitter