Skip to content(本文へジャンプ)

BLOG & NEWS

 関係7府省(内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省)が共同で推進しているバイオマス産業都市ですが、今回新たに選定地域が発表されました。(平成27年10月30日発表)

農林水産省 報道発表資料

今回選定されたのは、以下の12地域です。

北海道平取町
宮城県大崎市
山形県最上町
栃木県茂木町
山梨県甲斐市
京都府京丹後市
京都府南丹市
島根県飯南町
岡山県津山市
福岡県宗像市
大分県臼杵市
宮崎県小林市

これで、平成25年の一次選定8地域、二次選定8地域、平成26年度に6地域と合わせると、
計34地域となりました。

各地域とも、地域に賦存する有用なバイオマス資源を使い、
発電やバイオ燃料、熱利用、堆肥やエコ製品をつくっていく
プロジェクトがふんだんに盛り込まれています。

せっかく地元の傍に資源があるのに、
それを使わない手はない!

生活に必要なエネルギーが地域の資源でできるのに、
外国に燃料代を払い続けるなんて、もったいない!

今回の地域も含め、現在多くの自治体や事業者が盛んに取り組んでいる
バイオマス利活用事業は、まさに再生可能エネルギーの創出に正面から
取組んでいます。

この大きな波は、必ず日本のエネルギー問題や、引いては地方創生、
地域活性化を推進する原動力となっていくはずです。

皆さん、バイオマス産業都市構想に、
これからも注目です!

著者プロフィール

  • 株式会社エコクリエイティブ 代表取締役 堀敦博
  • 株式会社エコクリエイティブ
    代表取締役 堀敦博

バイオマス×ソーシャルデザインをコンセプトに、バイオマス関連事業の計画、実行支援や、環境ビジネス分野への新規参入、マーケティング支援、資金調達支援などを展開している。

エコクリエイティブについて

エコベンチャー企業を支援し、企業のコスト削減と地球環境に貢献します。

Facebook

Twitter