Skip to content(本文へジャンプ)

ごあいさつ

  1. HOME
  2. エコクリエイティブについて
  3. ごあいさつ

ごあいさつ

求められる地域社会の活性化策

我が国の地域社会はいま、衰退の一途を辿っています。総務省によれば、我が国の人口は2050年に約9700万人にまで減少し、全国の6割以上の地域では、人口が2010年時点の半分以下になるといいます。そして、商店街のシャッター街化や、地域経済の衰退にともなう働き場の減少と働き手の流出などがすでに大きな課題となっています。どのようにして地域社会の将来を守るか、どうすれば地域社会が生活者にとって有用なコミュニティとして存続できるか、国力の源泉である地域経済の活性化策が待望されています。

ライフスタイルの変化

一方で、昨今、化石燃料を燃やしてつくる電気を湯水のように使い続け、大量消費、大量廃棄など再生不可能な資源の乱用を中心とするこれまでの現代人の暮らし方に疑問を持ち、エコ(Ecology)やロハス(Lifestyles of Health And Sustainability)といった、自らのライフスタイルをより環境にやさしく、よりスマートに変化させていこうという人が増えてきています。また、ソーシャルデザイン(Social Design)というキーワードとともに、地域社会が抱えるさまざまな課題を解決していくための活動に参加する人々も年々増えてきました。

再生可能エネルギー"バイオマス"への注目が高まる。

そして、主たるエネルギーである電力分野においては、"バイオマス"が最近非常に大きな注目を集めています。バイオマスとは、太陽光や風力などと同じく再生可能エネルギーであり、私たちが暮らす地域に昔から広く存在している自然由来の有機性資源です。バイオマスを最大限活用することで、化石燃料に頼り過ぎない地域エネルギー循環の仕組みをつくることができます。

  • 存続の危機を迎え、活性化が待望されている地域社会。
  • ロハスやソーシャルデザインに代表される持続可能な新しい価値観やライフスタイル。
  • そして、再生可能エネルギーとしてのバイオマスの可能性。

この3つのキーワードが示しているす未来像は、それぞれの地域がバイオマス資源を活かし、、持続可能な地域社会を形成していく姿ではないでしょうか。

地域単位でエネルギーが循環する仕組みをつくり、地域経済を再び活性化させて働く場を創出しながら、地域社会が抱える課題を解決していく。そして、地域ブランドの創出や地域の魅力を再発見しながら、高齢者も若者も暮らしやすい活き活きとしたまちになっていく。日本全国にこのような取組みが増えることはとても素晴らしいことだと思います。

ヒトが活き活きと生活し、わくわくするようなまちづくりを応援すること。
それがエコクリエイティブの使命です。

エコクリエイティブは、バイオマス資源の有効利用促進と、ソーシャルデザイン事業を通じて、これからも持続可能な地域社会づくりをお手伝いしていきます。

株式会社エコクリエイティブ
代表取締役 堀 敦博

エコクリエイティブについて

バイオマス×クリエイティブで持続可能な社会づくりを目指します。

Twitter